2013年12月22日

カナダ駐在の求人が見つからなければ思い切って渡航する手も。

不景気といわれている日本ですが、そうなると日本企業の海外進出も控え気味になってきます。

あるいはすでに海外に営業所や法人を設立して、駐在員をおいてる企業であっても人件費削減のために駐在員をひきはらって、現地のカナダ人をやとって代替してる場合も見られます。

ということは、駐在員を派遣できる企業というのは体力があって儲かってる会社なんだ、ということがおわかりだと思います。なのでカナダ駐在の求人を探すにはまずは大企業から探すと見つかる可能性もあります。

しかし、つねに求人募集をしているかというとそうでもありません。プロジェクトにあわせてタイミングというのがありますから、自分のタイミングではいい求人を逃してしまうことも少なくないのです。

そしてどうしても見つからない場合や、何度もチャレンジしても面接で落ちてしまうとかいうばあいはいっそカナダに渡航して現地で仕事を探すという方法もあります。。しかしこれはおすすめではありません。

それなりにリスクを伴います。まず就職活動にかける時間2か月とか区切ったほうがいいです。その間の食費、宿泊費、旅行保険にもはいってないときついです。それほどの情熱があるならそういう人なら就職口もみつかるかもしれません。

あとは現地にどれだけ人脈があるか、というのもかかわってきます。カナダ駐在の求人を探してリサーチするのを第一に考えて、それでもだめなら次の手を考えるようにするとよいと思います。
posted by あゆみ at 00:00| Comment(0) | カナダ駐在求人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。